しずおかには縁側でもてなしてくれるばあちゃん達がいます

みなさんメリークリスマス!
タケチエです。
クリスマス、いかがお過ごしでしたでしょうか?

私は、私は、サンタ捕獲のため、
イブ、人生初の徹夜。
(単に仕込みが間に合わなかっただけです)


今日は疲れを癒すため、朝のイベント出店を終えたら、
ブブーンと車を走らせてもらって、大沢縁側カフェに行ってきました。



大沢縁側カフェは静岡駅から車で40分位北に行った、小さな集落で行っている取り組み。
大沢に住んでる人たちの縁側で休憩料300円払うと、休憩できるんです。



休憩、休憩。



15696619_10154897440993216_1404107226_o



休憩料300円でいただける手作りのお茶受け。(こちらにお茶とみかんがつきます)

img_6930




もぐもぐしながら大好きなばあちゃんと話してると、

カメラさんもやってきた。

15749020_10154897441038216_680967264_o

この時あまりにかぶっていたしろくまの帽子がしっくりきすぎてて

脱ぐのを忘れる。

ビビット、という番組だそうです。今週の水曜か来月の水曜日放送だとか。

少し、いやかなり恥ずかしい。



大好きな内野さんところのおばあちゃん。

お料理が上手でヒントもたくさんもらいます。

15725762_10154897441218216_451418722_o

チラシのモデルさんも務めております。

息子さんの昌樹さんが、この縁側カフェを始めようと思った方。

なぜ縁側カフェを?と聞いたら、

「お茶を売りたかったんだよね、でも茶葉だけではなかなか厳しいし、飲んでもらいたかったからじゃあ縁側を使えばいいと思って」

とのこと。

箱物を新しく建てると建設費や維持費もかかるから、この集落であるものでやろうと思って縁側カフェになったそう。集落に当たり前にあるものを「この集落の魅力」と考えられているのもすごいなと思ったし、「あんまりたくさん来すぎても、お客さんとお話しできないから難しい」という意見に、

リピーターを増やすためのカスタマーサービスも意識せずに実践されてて、

「おもてなし」精神の根づいた、とても素敵な地域だなと感じました。



そして縁側カフェの醍醐味は、だいたい毎回10件以上のお家の方々が参加されていて、そのお家の家庭の味であるメニューを各々楽しむことができます。

いろんなお宅にお邪魔することも楽しい。二軒目は八重さんという笑顔の可愛いおばあちゃんのいるお宅へ。まさかの90代。

今日はクリスマスでお客さんものんびりだったのでお話もじっくり聞くことができました。

お嫁さんのえつこさんともジャム制作のお話や、縁側カフェを開いてどうだったかなど色々と聞いてみます。
そしてここでみなさんに一言伝えておきます。

「クマはユニフォームではありません。防寒具です。」
15748089_10154897440893216_1296437645_o


本当にみなさん前向きで、新しい事にチャレンジしていく姿、とても尊敬です。

仕事で疲れたら、またお出かけしたい。車で40分で行ける第3の故郷。

忙しかったのでとっても元気を分けてもらいました♪
また行きたいなあ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です